コンテンツ制作 広告・メディア運用

おすすめの記事制作代行会社4選!記事を外注するときのポイントや注意点について

ブログやwebサイトを運営していく上で常に優れたコンテンツを上げ続ける必要がありますが、その中で「記事を制作したいけど時間もないし、記事を書ける人員もいない・・・」と困っている方も多いのではないでしょうか。

そんな時に誰でも記事制作を外注できる記事制作代行というサービスをご紹介します。

 

ここでは記事制作代行会社4選と良い制作代行会社を見分けるポイント、記事を外注するときの注意点をご説明します。

 

記事制作代行会社とは!2種類を紹介

記事制作代行会社は大きく分けて、クラウドソーシングとライティング専門業者の2種類存在します。

まずはその2種類の記事制作会社について説明していきます。

 

クラウドソーシング

クラウドソーシングはインターネット上で不特定多数に仕事を外注するサービスで、低コストかつ早期に外注できます。

しかし未経験者も多いので記事のクオリティにばらつきがあります。

 

ライティング専門業者

ライティング専門業者は専属ライターが記事を作成します。条件を細かく設定できるため、そのクオリティは比較的に高いです。

しかしその分、報酬は高くなりますよ。

 

おすすめの記事制作代行会社4選

前述した通り、記事制作代行会社にはクラウドソーシングやライティング専門業者の2種類存在します。

なのでそれぞれクラウドソーシング2選、ライティング専門業者2選を紹介したいと思います。

 

クラウドソーシング2選

  • クラウドワークス
  • ランサーズ

 

クラウドワークス

クラウドワークスはスキル認定制度という信頼性やセキュリティを高める制度を持つクラウドソーシングです。

24時間いつでもweb上で依頼する事ができ、ライターの数は10万人以上在籍しているので早期の記事作成が期待できます。

 

ランサーズ

ランサーズはライティングを専門としてフリーランスが集まるクラウドソーシングです。

クラウドソーシングとしてベンチャーから大手企業まで35万社以上の実績を持ちます。また、ライターの提案を比較してライターに依頼ができたり、ライター探しを代行してもらう機能を有しています。

 

ライティング専門業者2選

  • Build up
  • 記事作成代行ドットコム

 

Build up

SEOコンサルティング会社が運営しているライティング専門業者です。Build upの編集者はライターの経歴を持つためSEOの知識を持っています。

要望として記事作成前のヒアリングから構成、コピペチェックなどに応えてくれます。SEOコンサルティング会社のためGoogle評価を高める記事を得意としています。

 

記事作成代行ドットコム

記事作成代行ドットコムはプロのライターが在籍しており、アフィリエイトの記事やコラム記事など多様な記事を代行してくれます。

ライターはそれぞれ得意のジャンルを持ち、自身の記事との相性を考えながら依頼する事ができます。

 

良い制作代行会社を見分けるポイント3つ

様々な記事制作会社があり、種類も大きく分けて2種類存在するといった事が分かっていただけたと思いますが、自社や自身に合った良い制作代行会社を見分けるには何を基準に選べば良いのか分からないと思います。

そこで自社や自身に合った良い制作代行会社を見分けるポイントについて説明します。

 

信頼性が高い制作代行会社か

記事を依頼する制作代行会社が信頼できるかどうかは重要な要素だと思います。

なので契約過去の実績が見られる記事制作代行会社で実績や契約するライターや編集者が信頼に値するかどうかプロフィールを見て確認しましょう。

 

料金システムが明瞭かつ適正か

記事制作代行会社の多くは文字単価や記事単価といったわかりやすい料金システムとなっています。そうしたシステムをしっかり把握する事がトラブルを減らすためには必要です。

さらにライティング以外の業務(構成の作成、画像の選定等)を依頼する時に追加料金がどれくらいかかるのかも確認しましょう。

 

コミュニケーションの頻度

クオリティの高い記事を作成するためには記事制作代行会社やライターと綿密なコミュニケーションが必要不可欠です。

そういったコミュニケーションを重視している記事制作代行会社なら記事の方向性や作成方法を間違えるといったトラブルを防ぐ事ができます。

 

記事を外注するときの注意点5つ

クラウドソーシングかライター専門業者のどちらか

記事制作代行会社はクラウドソーシングかライター専門業者の2種類ありましが、自身に合った記事制作会社に依頼必要があります。

それぞれの持つ特徴から判断しましょう。

 

報酬金額の設定

報酬金額が高ければクオリティが高くなりますし、報酬金額が低ければクオリティは低くなります。

自身がどの程度の報酬を支払えるか、どの程度のクオリティを求めているのかを考えて検討する必要があります。

 

また、報酬金額の他に運営会社に手数料を取られてしまうのでいくら手数料で取られ、いくらライターの報酬になるのかを確認しなければなりません。

 

制作実績を確認する

記事作成代行会社やライターの実績を確認しましょう。依頼する前に依頼する記事と似た内容の実績があるかないかではクオリティに大きく影響します。

場合によっては制作記事を送ってもらうと確実です。

 

要望を出す

記事作成代行会社を選ぶ上で自身の要望に応えてくれるのかどうかが記事のクオリティや自身の求める記事ができるかに影響します。

ライターのためのガイドを作りつつ連絡を頻繁に取り合って要望を出していきましょう。

 

外注するのに適した記事なのか

そもそも外注するのに適した記事なのかを今一度確認しましょう。

どういった記事でもできないことはないですが、その種類によって難易度は変化します。

 

外注するのに適した記事

ウェブ上で調べて書くタイプの記事、知識や経験といった個人の技能があれば書ける記事などは外注するのに適しています。

  • 情報系コラム記事
  • 意見発信型コラム記事
  • ランキング記事
  • 翻訳記事
  • リライト記事
  • 取材・インタビュー記事

先ほども言いましたが、外注すること自体はどういった記事でも問題ございません。

ただ、上記以外の記事である場合、想定していたものと違う可能性がでてきます。

 

ライター色が強い記事は外注するのが難しい

例えば、ライター自身が前面に出るような記事は難しいです。

文調や表現などライター色が強く、特殊な場合は外注しても自身が求めるような記事を作ってもらう事が困難となります。

 

またライティング専門業者に依頼する場合、そもそもこういった形の記事は作成不可の場合が多いです。

もしどうしても外注したい場合は、ご自身でインフルエンサー系のブロガーやコラムニスト等にスカウトするのがいいかもしれません。

 

まとめ

記事制作代行会社について、少しは理解できたと思います。

現代においてwebマーケットは必要不可欠であるため、効率的に記事を作成するために今回の記事を参考に自身に合った記事制作代行会社を選んで記事を依頼しましょう。

-コンテンツ制作, 広告・メディア運用
-,

Copyright© 株式会社takeroot , 2021 All Rights Reserved Powered by takeroot.