WEB制作 コンテンツ制作 広告・メディア運用

現役ライターがおすすめする受注に適したクラウドソーシングサイト3選!初心者でも稼げるのかについて

今回は、ライターの私がおすすめするクラウドソーシングサイト3選をご紹介します。

ライター初心者でも案件を獲得できるのか?気になるところですよね。

 

ここでは、ライター未経験だったかつての私が、案件を受注するまでの体験談とおすすめのクラウドソーシングサイト3選についてや初心者でも稼げるのかということについてお伝えできればと思います。

 

ライティング経験ゼロの初心者でも仕事を獲れるのか?

結論から言います。獲れます!(笑)

これは、個人差によるかもしれませんが、プロフィールをきちんと埋めておくことで、お仕事依頼やスカウトメールをもらえる確率がグンっと上がります。

 

たとえ、スカウトメールをもらえなくても、仕事に応募した際、この人が今までどのような経歴を積んできたのか、また、ライター未経験でもどのようなジャンルの記事執筆を得意としているのか、クライアントが一目で確認することができるのです。

 

もし、あなたがクライアントの立場だったらどうでしょう?

プロフィールをびっしり記入している人とそうでない人のどちらを選ぶでしょうか。もちろん、前者を選びますよね。クラウドソーシングサイトにおいて、プロフィールというのは仕事を獲るうえでとても大きなウエイトを占めています。

 

また、これはクラウドソーシングサイトに限った話ではありません。

私の場合は、過去にブログを運営していたことや過去に別のクラウドソーシングサイトにてエンタメ系の記事を書いていたこともあり、エンタメ系の記事執筆のお仕事をいただくことに成功しました。

 

クラウドソーシングで仕事を獲るためのコツ

仕事を獲る際のコツ、それはすなわち、

初心者アピールをしないこと!

 

これに尽きます。

おそらく、ほとんどの人が「ライター初心者」という言葉をプロフィールに書いてしまいがちです。

 

これは日本人のよくない点です。

この一見、 正直な一言が裏目に出て、クライアントに自信の無さが伝わってしまいます。

 

すると、クライアントは「この人に仕事を任せるのは不安だな」という負のイメ ージを持たせてしまうのです。

ですから、ライター初心者でもこのジャンルは誰よりも面白い、人を引きつける文章が書ける!という気持ちを持ってプロフィ ールを作成しましょう!

 

千の道も一歩からという言葉があるように、誰でも始めは経験値ゼロのレベル1です。

いくらライティング知識を身につけたとしても、実際に仕事を受注して実践経験を積まないことにはいつまで経ってもペーパードライバーならぬ、ペーパーライターです。

勇気も持って一歩踏み出し、公道を走りましょう!

 

また、プロフィールを作成するうえでもう1点重要なことがあります。

それは、 必ず自分の顔写真をプロフィール画像に設定すること!

 

これはとても重要です。

顔写真があることで、クライアントから信頼を寄せることができます。

 

また、他のクラウドワーカー、要するに他のユーザーと差別化を図ることができます。

特に、顔の整った方であれば目立つでしょう。

 

こう言うと、

「なんだよ、結局得するのは美男美女かよ。」そう思われた方もいることでしょう。しかし、安心してください。私はそれほど顔が整ってないです。

 

ただ、きちんと整髪して、自分の利き顔を撮った写真をプロフィール画像に設定しています。

 

ここで1つ、アドバイスがあります。

鏡に映った自撮りの写真はやめましょう。(笑)これは非常にダサいです。

 

なるべく、他人に撮ってもらった画像。またはインカメで撮った画像をプロフィール画像に設定するようにしましょう。

なお、美容室で撮ってもらった写真、できれば横顔(利き顔)の写真であればグッドです。

 

ちなみに私は後者をプロフィール画像に設定しています。

 

おすすめのクラウドソーシングサイト3選

まず、クラウドソーシングサイトとは一体何なのか?

知ってる方もいると思いますが、念のため初めて耳にする方もいると思いますので説明しておきます。

 

クラウドソーシングサービス及びクラウドソーシングサイトは、クライアントである発注者と仕事を受注するクラウドワーカーを繋ぐマッチングサイトです。

Webライティングの案件が多い、有名どころのクラウドソーシングサイトとしては主に次の3つのクラウドソーシングサービスがおすすめです。

 

クラウドワークス

クラウドソーシングサイト大手のクラウドワークスは掲載されている案件数も多く、ライター向けの仕事が多いのが特徴です。

また、ライティング案件と並行して、最近では、Youtubeの動画編集案件も増えています。

 

私が見たところによると、登録者約70万人の某有名、社長兼ビジネス系ユーチュバーの動画編集案件が掲載されておりました。

動画編集案件に関しては、月10~30万円の契約で募集されており、ライティング案件よりも報酬の相場が高い傾向にあります。

 

しかし、報酬の5~20%がシステム利用料として差し引かれる点には予め把握しておく必要があります。

 

【支払日】

  • 15日締め
  • 月末振り込み
  • 月末締め
  • 翌月15日振り込み

 

【振込手数料】

  • 楽天銀行…税込100円
  • 他銀行……税込500円

 

ランサーズ

このサイトも業界大手のサイトです。

クラウドワークスと同様、ライティング以外のシステム開発、Webデザインといったクリエイティブな案件を取り扱っています。

 

こちらのサイトは中堅者から上級者向けのマッチングサイトとなっています。

よって、初心者の方には不向きかと思います。

 

まずは、タスク案件と言われる単発の仕事で実績を積み長期契約獲得を目指していきましょう。

こちらのサイトもクラウドワークス同様、報酬から5~20%のシステム利用料が差し引かれます。

 

【支払日】

  • 15日締め
  • 月末振り込み
  • 月末締め
  • 翌月15日振り込み

 

【振込手数料】

  • 楽天銀行…100円
  • 他銀行……500円

 

サグーワークス

こちらのサイトは国内最大級のライティングに特化した記事作成サービスです。

上記で紹介した2つのサイトと異なる点は初心者から始めて徐々にレベルアップできる点です。

 

よって、ゲーム感覚で仕事に取り組むことができ、継続力が乏しい方でも飽きずに自分の成長を可視化できます。

そして一番の魅力は初心者からプロライターになれる可能性がある点です。

 

サグーワークスには3つのライターレベルがあります。

 

3段階のライターレベル

  • レギュラーランク(初級):スタート地点
  • ゴールドランク(中級):記事の内容が良いと昇格し、ランクアップします。レギュラーランクに比べて多少報酬が上がります
  • プラチナランク(上級):プラチナライターテストzというサグーワークス独自のライティングテストに合格するとプラチナランクになり、文字単価1円以上の仕事を受けられるようになります

 

そしてサグーワークスの報酬形態はクラウドワークスやランサーズと異なり、ポイント制度を採用しています。

1ポイント=1円換算で、貯めたポイントは現金だけでなく、Amazonギフト券やドットマネーに換算することが可能。換金スピードもとても早いです。

  • Amazonギフト券、ドットマネー:その場で即座に換算が可能
  • 現金に換金:最短 1日で振り込み

なんといっても、 最大の特徴はシステム利用料が無料!

これは嬉しいですよね!ここまでの内容からすると、クラウドワーカーの方にとってはサグーワークスが頭1個分突き抜けているように思えますが、クラウドソーシングサイトの場合、掲載されている案件の量やジャンルによっては波があります。

したがって、クラウドソーシングサイトで常に安定して稼いでいくためには、複数のサイトに登録しておくのが無難です。

 

システム利用料が気になるという方は実績を積んで、クライアントにシステム利用料の分だけ報酬をアップをしてもらう、単価交渉をするという手もあります。

そこは利用するサイトに応じて臨機応変に対応していきましょう。

 

ただ注意として、初見で単価交渉はNG!

最低限、同じクライアントからの案件で3∼4回程度受注してからが良いです。

 

そして単価交渉には、『この人に仕事を任せてもいいかな。』という信頼を獲得することが重要になってきます。

また、交渉するタイミングも重要!

 

【支払日】

  • 換金申請後7日前後

 

【振込手数料】

  • 3万円未満…108ポイント (108円)
  • 3万円以上…216ポイント (216円)

 

クラウドソーシングサイトで本当に稼げるのか?

これからクラウドソーシングサイトを利用して仕事を受注していこうと思っている方にとって一番気になるのは、

やはり「クラウドソーシングサイトって本当に稼げるの?」という点だと思います。

 

これは、個々人が目指す額、または個々人の金銭感覚によって異なるかもしれませんが、クラウドソーシングサイトを利用して、 月に3~5万円を稼ぐことは十分可能です。

冷静に考えてみて、単価1,000 円の案件だとしても月に30~50本の記事をクライアントに納品すれば月3~5万円という金額は十分達成できる金額なわけで。

 

しかし、いつまでも安い単価で仕事を受注していくわけにはいきません。

それではいつまで経っても初級ライターのままです。では、高単価のライティング案件を獲得して初級ライターを脱却し、中級または上級といったプロライターになるにはどうすればいいのか?次のタイトルの文章をご覧ください。

 

最後に:高単価の仕事を獲るには

高単価の仕事を獲るには自分にしか書けない得意なジャンルを1つ極め、

自分のプラットフォームを作ることです。

 

つまり、独自ドメインを取得し、そこに特化ブログを作り質の良い記事を量産していくことに限ります。

すると、そのうちあなたのブログを見たメディアの編集者が、「ぜひ、うちの専属ライターになりませんか?」というようにDM をもらえるようになります。

 

もちろん、これは一朝一夕に行くものではありません。

ブログを通して逆オファー、及びブログで稼いでいくためには相当な作業量と努力が必要になってきます。

 

しかし、自分の執筆する記事の専門性を高め、ブログを検索上位に表示させることができれば、ある程度安定して高単価の仕事を獲ることができるようになります。

また、ブログと並行し、ツイッターやインスタグラムといった SNSと連携させ、日々情報発信をしていくとなお良いです。

 

最近ではブログだけでなく、 ブログにSNSのリンクを添付するのはWeb マーケティングの基本なのでいうまでもないですが、自分の強みを情報発信していくことはそれだけで価値を生み、商品となり得る可能性を孕んでいます。

 

また、SNS だけでなく、メールマガジンなどを月契約し、情報発信の自動化を図っていくとより効果的です。

自分のライティングの専門性を高め、より執筆するジャンルを絞っていくことで高単価の仕事を獲得できるようになります。

 

ライティングは、未経験からクラウドソーシングサイトを利用して気軽に始めることができるため、学生から会社員、主婦の方までおすすめできる副業です。

また、収益達成の再現性がとても高く、未経験からプロになれる可能性も持っています。

 

少しでも興味があるのなら、迷わずはじめの一歩を踏み出してみてはいかがでしょうか?

きっとそこには、これまで経験したことのないやりがいや充実感があるはずです。

-WEB制作, コンテンツ制作, 広告・メディア運用
-, , ,

Copyright© 株式会社takeroot , 2021 All Rights Reserved Powered by takeroot.